BHTの各種設定の取り決め

BHTにはいろんな機種があり、プログラミングする上で気にする部分は次の内容です。

仕様 格納できる値 備考
画面のサイズ
QVGA?
QVGAでの文字の表示 現行機種の多くの場合、QVGAサイズの機種が多い。
フォントサイズ フォントの大きさ

フォント
のサイズ
画面モード 文字サイズ
横x縦(半角)
表示文字
横x縦(半角)
標準 ANK 12x16 20x20
漢字モード 30x30(15x30) 8x10(16x10)
ANK 12x16 20x20
漢字モード 24x24(12x24) 10x13(20x13)
40 40x40(20x40) 6x8(12x8)
30 30x30(15x30) 8x10(16x10)
24 24x24(12x24) 10x13(20x13)
16 16x16(8x16) 15x20(30x20)
文字の大きさは、フォントサイズ、画面モード、倍角の3つの属性で決まります

フォントサイズは、OUTステートメントで指定
OUT &h6080, 0 ‘ 標準フォント
OUT &h6080, 1 ‘ 小フォント
OUT &h6080, 40 ‘ 縦横40ドット
etc.

画面モードは、SCREENステートメントで指定
SCREEN 0 ‘ ANKモード
SCREEN 1 ‘ 漢字モード

倍角には、以下の4つがあります。
・ 倍角しない
・ 横倍角(文字幅が2倍)
・ 縦倍角(文字高さが2倍)
・ 4倍角(文字幅,高さ共に2倍)

スキャンできるコード 通常のバーコードのみ EAN-13/-8(JAN-13/-8),UPC-A/-E,UPC/EAN(アドオン付 き),Interleaved 2of5,CODABAR(NW-7),CODE39,CODE93,CODE-128、GS1-128(EAN-128),STF,RSS(GS1 DataBar)
QRコードも可能 QRコード、マイクロQRコード、SQRC、iQRコード、PDF417、マイクロPDF417、Maxiコード、DataMatrix(ECC200)、GS1 Composite
通信方法 有線で行う(YModem等) 送受信後のファイルの処置を考慮する。
無線で行う(FTP等) 以下を確認する
・接続するWanのセキュリティ関係(SSIDやパスワード等)
・自BHTのIPアドレス、サブネットマスクの割り当て
・接続先のIPアドレス、FTPなら接続用のユーザー名、パスワードや接続先のサーバサービスなど
リジューム 電源投入時、最初からスタートさせる
電源を落とした状態からの復帰 無線接続などは切れている状態なので、プログラム側で再接続などの工夫をする必要がある。
自動パワーオフ 自動パワーオフをする 自動パワーオフすると、電池の持ちは向上すると思われるが、次に電源入れた時の挙動、とくにリジュームオンの時の対処をプログラミング時に考慮すること。
電源ボタンの押下時間 通常は3秒。 これを長くすることで、誤操作を防止する。
ガベージ ガベージのタイミング 頻繁過ぎるとメモリを痛めるので頻度を考慮する。

BHTにプログラムを送信する方法-TermTermで送信

ハンディターミナルにプログラムを送信するには方法を紹介します。

ハンディターミナルのプログラムは、拡張子がPD4です。

通常、ファイルの送信には、通信ユーティリティを使用しますが、このソフトウエアは有償なので、ここではTeraTermを使った方法を紹介します。

【準備】
パソコンにCU( 載せ台)を接続します。
CUのドライバである ActiveCom のドライバを デンソーのページからダウンロードして設定してください。
※CU= コミュニケーションユニット (communication unit) 載せ台のこと

【TeraTerm を手動で操作するときの手順】
(1) BHTを受信待ちにします。
BHTの[SF]]+[1+を押しながら[PW]を押してシステムメニューにします。
2:Dow.nloadを選択します。
これは30秒でタイムアウトしますので、TeraTermが間に合わなかったら、リトライしてください。

(2) TermTermを起動します。
通信ポートを選択します。通信ポートには「~Active COM~」があります。

[ファイル(F)]→[転送(T)]→[YMODEM]→[送信]の順に選び、プログラムファイル「~.PD4」を選択します。

【TeraTerm のマクロで実行する】

●マクロの例

このマクロは、プログラムファイル「target.pd4」を送信します。
このマクロファイルと同じフォルダに プログラムファイル「target.pd4」を置く。
このマクロのファイルを拡張子[ttl]で作成し、拡張子[ttl]をTeraTermと関連付けをすると、ダブルクリックすることで実行できるようになる。

;このマクロと同じフォルダにプログラムを置く
;このマクロのファイルを拡張子[ttl]で作成し、拡張子[ttl]をTeraTermと関連付けをすると、
;ダブルクリックすることで実行できるようになる。
;
;通信ポート番号=3 通信速度=115.2k
connect ‘/C=3 /BAUD=115200′
;
;送信するプログラム名=target.PD4
;フルパスのプログラム名を作成
PRGNAME=’target.PD4’
getdir filePath
strconcat filePath ‘\’
strconcat filePath PRGNAME
;
;YMODEMで送信する
ymodemsend filePath
if result=1 then
messagebox ‘送信終了’ PRGNAME
else
messagebox ‘送信に失敗’ PRGNAME
endif
;
;終了する
closett
end

BHTの初期化の方法

BHTを初期化すると工場出荷時の状態に戻ります。
中に入っているソフトウエアも削除され、時計も初期化されます。

電源を落とした状態から、次の手順で操作します。

  1. 3つのキー [M1]キーと [0]キーと
    [SF]
    キーを押しながら [PW]を押します。
  2. 画面に[INITALIZE SYSTEM]と表示されます。
    この画面が出なかったら最初からやり直してください。
  3. [1:USER AREA EXCEPT FONTS]が反転している状態で
    [ENT]キーを押します。
  4. [SELECT MESSAG]画面で、[1:Japanese]を選択します。
    [1]キーを押して[1:Japanese]を反転させ、[ENT]キーを押します。
  5. [INITIALIZE SYSTEM]画面で[1:Yes]を選択します。
    [1]キーを押して[1:Yes]を反転させ [ENT]キーを押します。
  6. 初期化が実行され、しばらく待つと 電源が おちて画面が暗くなります。
    これで工場出荷時の状態に初期化された状態になります。

バーコード照合 プログラム

バーコード照合 v1.01

【概要】
バーコードの照合を行います。
照合は、(1)1:1照合 (2)1:n照合の2種類です。
この機能は BHT-1500に搭載されている機能を、他のBHTでも使用できる様に作成されました。

【使用できる機種】
BHT-OSで、画面サイズがQVGAの機種全般
例)
BHT-1500シリーズ /BHT-1300シリーズ /BHT-800シリーズ /BHT-600シリーズ /BHT-500シリーズ

【スキャン可能なバーコード】
EAN-13/-8(JAN-13/-8), UPC-A/-E, Interleaved 2of5, NW-7, CODE39, CODE93, CODE-128, GS1-128(EAN-128), STF, RSS(GS1 DataBar)

【画面イメージ】
メニュー画面 
1:n照合画面
1:n照合 OK画面
1:n照合 NG画面

【ダウンロード】
ここからダウンロードしてください

【動画】

1:n照合の事例