BHTにプログラムを送信する方法-TermTermで送信

ハンディターミナルにプログラムを送信するには方法を紹介します。

ハンディターミナルのプログラムは、拡張子がPD4です。

通常、ファイルの送信には、通信ユーティリティを使用しますが、このソフトウエアは有償なので、ここではTeraTermを使った方法を紹介します。

【準備】
パソコンにCU( 載せ台)を接続します。
CUのドライバである ActiveCom のドライバを デンソーのページからダウンロードして設定してください。
※CU= コミュニケーションユニット (communication unit) 載せ台のこと

【TeraTerm を手動で操作するときの手順】
(1) BHTを受信待ちにします。
BHTの[SF]]+[1+を押しながら[PW]を押してシステムメニューにします。
2:Dow.nloadを選択します。
これは30秒でタイムアウトしますので、TeraTermが間に合わなかったら、リトライしてください。

(2) TermTermを起動します。
通信ポートを選択します。通信ポートには「~Active COM~」があります。

[ファイル(F)]→[転送(T)]→[YMODEM]→[送信]の順に選び、プログラムファイル「~.PD4」を選択します。

【TeraTerm のマクロで実行する】

●マクロの例

このマクロは、プログラムファイル「target.pd4」を送信します。
このマクロファイルと同じフォルダに プログラムファイル「target.pd4」を置く。
このマクロのファイルを拡張子[ttl]で作成し、拡張子[ttl]をTeraTermと関連付けをすると、ダブルクリックすることで実行できるようになる。

;このマクロと同じフォルダにプログラムを置く
;このマクロのファイルを拡張子[ttl]で作成し、拡張子[ttl]をTeraTermと関連付けをすると、
;ダブルクリックすることで実行できるようになる。
;
;通信ポート番号=3 通信速度=115.2k
connect ‘/C=3 /BAUD=115200′
;
;送信するプログラム名=target.PD4
;フルパスのプログラム名を作成
PRGNAME=’target.PD4’
getdir filePath
strconcat filePath ‘\’
strconcat filePath PRGNAME
;
;YMODEMで送信する
ymodemsend filePath
if result=1 then
messagebox ‘送信終了’ PRGNAME
else
messagebox ‘送信に失敗’ PRGNAME
endif
;
;終了する
closett
end

BHTの初期化の方法

BHTを初期化すると工場出荷時の状態に戻ります。
中に入っているソフトウエアも削除され、時計も初期化されます。

電源を落とした状態から、次の手順で操作します。

  1. 3つのキー [M1]キーと [0]キーと
    [SF]
    キーを押しながら [PW]を押します。
  2. 画面に[INITALIZE SYSTEM]と表示されます。
    この画面が出なかったら最初からやり直してください。
  3. [1:USER AREA EXCEPT FONTS]が反転している状態で
    [ENT]キーを押します。
  4. [SELECT MESSAG]画面で、[1:Japanese]を選択します。
    [1]キーを押して[1:Japanese]を反転させ、[ENT]キーを押します。
  5. [INITIALIZE SYSTEM]画面で[1:Yes]を選択します。
    [1]キーを押して[1:Yes]を反転させ [ENT]キーを押します。
  6. 初期化が実行され、しばらく待つと 電源が おちて画面が暗くなります。
    これで工場出荷時の状態に初期化された状態になります。

バーコード照合 プログラム

バーコード照合 v1.01

【概要】
バーコードの照合を行います。
照合は、(1)1:1照合 (2)1:n照合の2種類です。
この機能は BHT-1500に搭載されている機能を、他のBHTでも使用できる様に作成されました。

【使用できる機種】
BHT-OSで、画面サイズがQVGAの機種全般
例)
BHT-1500シリーズ /BHT-1300シリーズ /BHT-800シリーズ /BHT-600シリーズ /BHT-500シリーズ

【スキャン可能なバーコード】
EAN-13/-8(JAN-13/-8), UPC-A/-E, Interleaved 2of5, NW-7, CODE39, CODE93, CODE-128, GS1-128(EAN-128), STF, RSS(GS1 DataBar)

【画面イメージ】
メニュー画面 
1:n照合画面
1:n照合 OK画面
1:n照合 NG画面

【ダウンロード】
ここからダウンロードしてください

【動画】

1:n照合の事例